スライドショー表示領域

昇段昇級

 【審査の心得】
    昇級審査は、空手を始めてから、4ヶ月位で受験可能である。
   審査内容は、「基本稽古、移動稽古、型、コンビネーション、ミット稽古、組手」と、各階級に応
   じた基礎的なものが出来ているかを判断し、決定される。
    昇段審査は、1級(茶帯)の者に受験資格が与えられる。
   審査内容は、「基本稽古、移動稽古、型、コンビネーション、ミット稽古、10人組手」と、高度
   な技術が要求される。また、10人組み手の場合、その内容も審査ポイントとなる。勿論、日頃の
   練習内容も重<要な審査ポイントである。1級〜2級(茶帯)を取得するのに平均で3〜4年位かか
   る。初段(黒帯)に至っては、5〜6年位である。
    「国際空手道連盟 極真会館 世界総極真 釘嶋道場」の場合、「心技体」の向上を目的として
   おり、ただ、空手だけ強ければ、初段(黒帯)になれる訳ではない。当道場が求める「心技体」の
   うち一番大事なものは、「心」である。「心」が安定していなければ、「技」も「体」も伴わない。
   よって、初段(黒帯)を取得するためには、「技術/体力」の向上も必要だが、精神面の向上にも
   重点を置いて貰いたい。

 【審査の基準】
   審査の基準は目安として記載致します。
   (以下↓、表の通り。)

段・級 帯色 基準
  10級〜9級 オレンジ帯  空手の初歩的な知識を身に付けた人。
 または、身に付けられそうな人。
   8級〜7級 青帯  空手の初歩的な知識と攻防を身に付けた人。
 または、身に付けられそうな人。
   6級〜5級 黄帯  空手の一般的な知識と攻防、礼儀を身に付けた人。
 または、身に付けられそうな人。
   4級〜3級 緑帯  空手の一般的な知識と攻防、精神力、体力、礼儀を身に付けた人。
 または、身に付けられそうな人。
   2級〜1級 茶帯  空手の高度な知識と実戦的な強さ、精神力、体力、礼儀を身に付けた人。
 または、身に付けられそうな人。
   初段〜 黒帯  空手の高度な知識と実戦的な強さ、精神力、体力、礼儀、指導力を身に付け
 た人。または、身に付けられそうな人。

 【昇段昇級審査受験資格】
   1.「国際空手道連盟 極真会館 世界総極真 釘嶋道場」の門下生である事。
   2.年齢4歳以上の男女で心身共に稽古に支障のない事。
   3.昇級審査の場合、空手を始めてから、4ヶ月以上経過している事。
   4.昇段審査の場合、1級(茶帯)を取得している事。

 【昇段昇級審査の時期】
   年3回(4月、8月、12月頃 )を予定